電池式(コードレス)アロマディフューザー

アロマディフューザーはリビングや寝室、キッチンや玄関など、シーンに合わせて色々な場所で使いたいですよね(^^)

リビングや寝室にアロマディフューザーを置くのは定番ですけど、玄関に置きたいっていう人も意外に多いんですよ。

来客の時に玄関の扉を開けると、フワッとアロマの香りが漂うと、とっても好印象ですよね。玄関はその家の顔っていいますし。

玄関にコンセントがないケースも多い

でもいざ玄関に置きたいって考えても、玄関にコンセントが付いている家って少ない気がします。

もちろんコンセントがあればそのまま使えますが、コンセントが付いていないと遠くの部屋のコンセントから延長コードを引っ張ってきて…ということになってしまいます。それって面倒だし、なにより不格好ですよね^^;

そんな時には電池式(コードレス)のアロマディフューザーを置くととっても便利ですよ。

ミストが出るものと出ないものがある

電池式(コードレス)のアロマディフューザーには蒸気が出るものとそうでないものがあったり、
コンセントと電池式の2つの方法を併用できるものもあったりします。
色々紹介するので、自分の使いたい用途にあったものを選んでくださいね♪

アロマディフューザー ムード mood

img_cord_01

まずご紹介するのは「アロマディフューザー ムード mood」です。

コンセントと電池式の2種類が選べるタイプで、電池の場合は単三形乾電池4本が必要になります。

おしゃれな和風デザイン

デザインもすごく良くて、格子からこぼれ出すやわらかな光が、更に癒やしを誘いますね。
なんとなく和なイメージがありますが、一般的な洋の玄関に置いてもおしゃれですよ(^^)

ちなみにカラーは、ホワイトやライトブラウンから選べます。

詳細はココから確認してくださいね。

Amazon(最安値)を見る

ビエゾディフューザー スクエアー

img_cord_03

次にご紹介するのは「ビエゾディフューザー スクエアー」です。

ビエゾディフューザー スクエアーは、コンセントと電池式の2種類が選べるタイプで、電池は単三形乾電池2本が必要になります。

熱や水を使わない

このアロマディフューザーは熱や水を使わず、圧電素子「ビエゾ」という方法でアロマの香りを拡散させています。
水を使わないので、香りも強く広く拡散できますし、雑菌やカビなどの心配を減らすことができますよ。

玄関などに置いておくと、つい水の入れ替えを忘れちゃうこともあるので、水を使わない「ビエゾディフューザー スクエアー」はとてもおすすめです。

口コミなどはここから確認してくださいね!

口コミをショップで確認する

amazonサイトはこちら

センサーアロマ エコフィール ナチュラル

img_cord_04

最後にご紹介するのは「センサーアロマ エコフィール ナチュラル」です。

センサーアロマ エコフィール ナチュラルは、電池式のアロマディフューザーで、単三形乾電池3本が必要になります。

ミストが出ないタイプ

先にご紹介した2つと違う点は、ミストが出ないという点です。
パットにアロマオイルを垂らして染み込ませて、本体にセットすると、風で香りを拡散させてくれるという仕組みですね。
蒸気が出ないので、香る範囲も少し狭めな印象です。

便利な人感センサー付き

センサーアロマ エコフィール ナチュラルには、人感センサーがついているので、来客などに反応してフワッと香りを拡散してくれますよ。
また、トイレなどでの使用もおすすめですね(^^)

詳細はこちらを確認してください。

センサーアロマ エコフィール ナチュラルの詳細を見る

この記事もおすすめです(^^)


【おしゃれ女子必見!】
今年のおすすめアロマディフューザー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ