業務用アロマディフューザーおすすめランキング|40畳以上で厳選!


今回は業務用アロマディフューザーの家庭用との違いや、おすすめの業務用アロマディフューザーを紹介します。

インターネットで購入できる気軽なものから、設置や取り付けまでトータルのもの、レンタルのものまで、担当者様のニーズに合わせた業務用アロマディフューザーをピックアップしているので、参考にしてくださいね(^^)

業務用アロマディフューザーとは

アロマディフューザーには家庭用と業務用に分かれますが、その違いの大部分は「香りの拡散範囲」「清潔感」「手間がかからない」の3つです。
その3つの条件を基に、今回ご紹介する業務用のアロマディフューザーには、企業が「業務用」と謳っている製品の他にも、私が業務用としておすすめできるアロマディフューザーもピックアップしています。

こんな時は業務用を検討しましょう

・20畳以上の広い部屋に使用したい
・手入れや取り替えなどの手間をかけたくない
・オフィス・店舗内に雑菌をばら撒きたくない

いかがでしょう?
あなたの環境に当てはまりますか?

当てはまるのなら、絶対に業務用のアロマディフューザーを選ぶべきです!

業務用じゃなきゃダメ?通常のじゃダメなの?

でも業務用アロマディフューザーって値段がソコソコするんですよね(^^;
そこで、「通常のアロマディフューザー」を2、3個買って配置したほうが安いのでは?という考えも浮かんでくると思います。

でも、ちょっと待ってください!

通常のアロマディフューザーは絶対に業務用には向きません!
まずはその理由をお伝えしますね!!

その後に私がおすすめの業務用アロマディフューザーをご紹介します。

業務用じゃないものは「対応範囲が狭い」

通常のアロマディフューザーの対応範囲

小さいものだと約6〜8畳
大きいものでも約12〜15畳

「じゃ、40畳くらいのウチのオフィス・店舗には15畳対応のものを3つ置けばいいな!」

残念ながら、この考えは間違いです(^^;

この対応の部屋の広さは、密閉された部屋での話。
部屋が広いほど香りが分散されるので、12〜15畳の範囲に香るわけではありません。
だだっ広い空間だと、経験上、半径2メートルくらいしか香らないです・・・

もしサロンなどで受付周りだけ香らせたいというなら問題ありませんが、そうでなければもっと広い範囲に対応できる、業務用のアロマディフューザーを導入するべきです!

業務用じゃないものは「連続使用できない」

アロマディフューザーにはタイマーがついていて、長いもので8時間タイマー、通常だと6時間までです。
そして、その時間になると自動的に電源OFFになってしまいます。

しかも8時間タイマーなどにすると、点いたり消えたりの「間欠運転」になるので余計に香りが薄れてしまいます。
1時間だけ連続運転も可能ですが、1時間毎にアロマディフューザーの電源を再度ONしに行くのって現実的じゃない・・・
お仕事中はそんな暇じゃないですよね(^^;

その他にも業務用じゃないと・・・

・その他にも水を使うので、雑菌が発生しバラ撒きやすい。
・長時間運転を続けると故障のリスクが増す。
・オイルや水の取り替えが面倒。

など、いろいろな問題点があります。

今お伝えしたようなことが問題だと思わなければ通常のアロマディフューザーを3つか4つ置いておけばいいでしょう。

でももし、「それはちょっとなぁ・・・」と思ったのなら、今からご紹介する業務用アロマディフューザーを検討してみてください!

ピックアップ!
70㎡(40畳)までの範囲ならコレ!

このあと業務用アロマディフューザーの選び方をお伝えしていくのですが、その前に「香りの拡散範囲が約70㎡(40畳)まで」の一番おすすめのアロマディフューザーをご紹介しますね。

アロミックエアー↓↓↓

アロミックエアーは業務用の中では低価格で、ランニングコストも抑えられるアロマディフューザーです。
アロマの香りは気になるけど経費は極力抑えたいという場合には、特におすすめですよ(^^)

アロミックエアー詳細を見る

私が自宅に導入した体験談(口コミ有)

業務用アロマディフューザーの選び方

〈業務用の選び方1〉長時間タイマーが付いているか

業務用のアロマディフューザーを選ぶときは、まずタイマー機能を確認しましょう。
アロマディフューザーによってはタイマーが設定できなかったり、短時間(4時間程度)にしか設定できないものもあります。
タイマーが設定できないと消し忘れて、エッセンシャルオイル(アロマオイル)を無駄に消費してしまう危険性がありますし、短時間のタイマーだと業務に支障が出てしまいます。

少なくとも6時間や8時間などの長時間タイマーができるものを選びましょう。

タイマーを曜日や時間で設定

さらに手間を減らしたいという企業やお店の方は、曜日や時間によって自動でオンオフを切り替えられる業務用アロマディフューザーがおすすめです。
営業時間に合わせて設定しておけば、ほぼアロマディフューザーに触れることなく香りを楽しむことができますよ(^^)

〈業務用の選び方2〉お手入れの手間はどうか

家庭用のアロマディフューザーは水を使うモノが多く、水を入れたり掃除したりお手入れが大変です。
それに比べて業務用のアロマディフューザーはお手入れの手間は少ないですが、全くゼロというワケにはいきません。

例えばネブライザー(噴射)タイプでは、ポンプノズルにアロマが詰まらないように1~2週間ごとにアルコール洗浄などのお手入れが必要ですし、オイルタンクがべた付かないように掃除が必要なものもあります。

今回ピックアップした業務用アロマディフューザーには、製品ごとにお手入れのしやすさも記載したので、それも参考に選びましょう。

お手入れしたくないなら

業務用のアロマディフューザーでも定期的なお手入れは必要ですが、例えばそれを業者に任せてしまうことも可能です。
業務用アロマディフューザーのレンタル業者や販売代理店など、お手入れ(メンテナンス)までやってくれる業者もいるので、お手入れをゼロにしたいなら、そういった企業にお願いしましょう!
もちろん今回の記事でも紹介していますよ。

〈業務用の選び方3〉オイル補充の手間はどうか

アロマディフューザーはエッセンシャルオイル(アロマ)が無くなれば補充が必要になります。
1カ月以上もつものもあるので、そこまで頻度は高くありませんが、手間を減らしたいなら「オイルタンク」の容量が大きい業務用アロマディフューザーを選びましょう。

拡散能力も関係しているので、一概にオイルタンクが大きいほうが長持ちするというワケではありませんが、オイルタンクの容量とエッセンシャルオイルの持ち具合は、ある程度比例していますよ。

〈業務用の選び方4〉ランニングコストはどうか

業務用アロマディフューザーは初期費用の他に、ランニングコスト(定期的なコスト)が掛かってきます。
香りの拡散範囲が広いものの方がランニングコストは高くなる傾向にありますが、同じ拡散能力であれば、使用するエッセンシャルオイルの値段が大きく影響します。

このあと紹介する、業務用アロマディフューザーのおすすめランキングでは、エッセンシャルオイルの値段が高いものを「ランニングコスト◎」、低いものを「ランニングコスト△」で表現しました。

ランニングコストのコスパが気になる担当者の方は、そちらも参考にしましょう。

〈業務用の選び方5〉対応範囲は適切か

業務用アロマディフューザーは対応範囲(香りの拡散範囲)によって値段やランニングコストが大きく変わってきます。
例えばお店や美容室、エステなどの中規模な空間には「対応範囲70〜150㎡」程度のアロマディフューザーを、待合室やショールームなどの大規模な空間には「対応範囲200〜300㎡」くらいの拡散範囲が広い業務用アロマディフューザーを選びましょう。



ではココからは
おすすめの業務用アロマディフューザーを紹介していきますね。

対応範囲や種類ごとに「70〜150㎡」「200〜300㎡」「1000㎡以上」「レンタル」の4種類で紹介しています。

ではさっそく紹介していきます。

業務用アロマディフューザー

どうぞ!!

70〜150㎡業務用ランキング

70〜150㎡の業務用アロマディフューザーおすすめランキング 5位

生活の木アロモアウッド

生活の木のナチュラルデザイン。癒やし空間におすすめ!

オフタイマー 0.5h/1h/2h/8h
拡散範囲 約〜70㎡(40畳)
アロマタンク容量 10ml or 30ml
サイズ 70mm ✕ 128mm
高さ132mm
参考価格 ¥10,800

※参考価格は変わっている可能性があります。

長時間タイマー お手入れ オイル補充頻度 ランニングコスト 拡散範囲

アロモアウッドおすすめポイント

70〜150㎡対応の業務用アロマディフューザーおすすめ第5位は「生活の木アロモアウッド」です。
アロモアウッドはエステやサロンなど、美容・癒やしを提供するお店などに特におすすめですよ。

ナチュラルウッドが自然と馴染む

癒やし空間におすすめの理由は、まずアロモアウッドのデザインにあります。
木目を基調にしたオシャレなデザインですよね(^^)
お店などの雰囲気にもよるかもしれませんが、エステやサロンなどには特に馴染み、見た目でも癒やされるデザインですよ。

生活の木アロマをそのままセット

さらにアロモアウッドは、アロマで有名なブランド「生活の木」のエッセンシャルオイル(10ml or 30ml)をそのままセットすることができます。
生活の木はデパートなどに店舗を沢山構えるアロマブランドなので、見かけることも多く、知っているお客様も多いのではないでしょうか。
そういう意味で、お客様との会話が大切な空間にもおすすめの業務用アロマディフューザーですよ(^^)

デメリット:
ランニングコストが高い

エッセンシャルオイルの価格は種類や品質、メーカーによってバラバラなのですが、生活の木のエッセンシャルオイルは一般的〜それ以上の価格帯です。
品質の高いアロマなので、その価格は問題ないのですが、業務用のアロマディフューザーとして使うにはランニングコストが高く感じてしまうかもしれません。

アロモアウッドの詳細を見る

70〜150㎡の業務用アロマディフューザーおすすめランキング 4位

Air Design COLUMN

オフタイマーなし。コストを抑えたいならコレ!

オフタイマー 無し
拡散範囲 約〜125㎡
アロマタンク容量 120ml
サイズ 直径 64mm
高さ 280mm
参考価格 ¥36,852

※参考価格は変わっている可能性があります。

長時間タイマー お手入れ オイル補充頻度 ランニングコスト 拡散範囲

COLUMNおすすめポイント

70〜150㎡対応の業務用アロマディフューザーおすすめ第4位は「Air Design COLUMN」です。
COLUMNはAirDesignという本格的な業務用アロマディフューザーシリーズの「エントリーモデル」なので、コストを抑えて導入することができますよ。

スリムで省スペース

業務用のアロマディフューザーはオイルタンクなどの影響で、家庭用に比べて大きくなりがちですが、COLUMNは直径が64mmと、ご紹介する中で一番スリムで省スペースなアロマディフューザーです。
そのため、受付や待合室などの一角でも場所を取らずにスペースを有効活用できますよ!
見た目もスリムでおしゃれに見えますしね(^^)

初期費用がリーズナブル

COLUMNは初期費用が、同程度の拡散範囲のアロマディフューザーに比べて、リーズナブルなのが特徴です。
また使用するエッセンシャルオイルもメーカー指定のものを使う必要が無いので、自身で低価格なエッセンシャルオイルを探せば、ランニングコストも減らすことが可能ですよ。
ちなみに低価格のエッセンシャルオイルは100mlで3,000円くらいのものもあります。

デメリット:
オフタイマーは無し

COLUMNは低価格でエントリーモデルとしてはおすすめなのですが、残念ながらタイマー機能が備わっていません。
もし電源を切り忘れてしまうとエッセンシャルオイルを大量に消費してしまい、勿体ないことになってしまうかも。
オプションで付けてくれる販売店もあるみたいですが、タイマーが必須の方は他のアロマディフューザーにした方が無難です(^^;

COLUMNの詳細を見る

 

70〜150㎡の業務用アロマディフューザーおすすめランキング 3位

アロマックス

多彩なカラーと本格デザインで選ぶならコレ!

オフタイマー 0.25h/0.5h/1h/2h/4h/8h
拡散範囲 約〜120㎡
アロマタンク容量 15ml
サイズ 直径 160mm
高さ 230mm
参考価格 ¥39,744

※参考価格は変わっている可能性があります。

長時間タイマー お手入れ オイル補充頻度 ランニングコスト 拡散範囲

アロマックスおすすめポイント

70〜150㎡対応の業務用アロマディフューザーおすすめ第3位は「アロマックス」です。
アロマックスはデザインに拘りがある業務用アロマディフューザーで、本格的なデザインで色々なカラーから選びたいという人にはおすすめですよ。

6色から選べる本格デザイン

アロマックスのカラーにはブラック、シルバー、レッド、オレンジ、ブルー、パープルの6色があり、どれも表面アルマイト加工された上質な質感のものばかり。
例えば上質なブランドのお店やショールームなどに設置すれば、品格が増すこと間違いなしです。

デメリット:
ネブライザーのお手入れが面倒

アロマックスは、エッセンシャルオイルを入れるネブライザーのオイルが詰まる恐れがあるので、1~2週間に1度アルコールなどでお手入れをする必要があります。
1回のお手入れに5分程度かかるので、本業が忙しいと忘れてしまうことも。
それが問題なければ、アロマックスを選びましょう。

アロマックス詳細を見る

 

70〜150㎡の業務用アロマディフューザーおすすめランキング 2位

オールインワン パーソナルディフューザー

本格業務用を業者を挟まずに欲しいならコレ!

オフタイマー 時間指定で細かく設定
拡散範囲 推定 約〜140㎡(500立方メートル)
アロマタンク容量 250ml or 450ml
サイズ 380mm ✕ 121mm
高さ 325mm
参考価格 ¥302,400

※参考価格は変わっている可能性があります。

長時間タイマー お手入れ オイル補充頻度 ランニングコスト 拡散範囲

パーソナルディフューザーおすすめポイント

70〜150㎡対応の業務用アロマディフューザーおすすめ第2位は「オールインワン パーソナルディフューザー」です。
パーソナルディフューザーは、業者を挟まずに購入できる業務用の中では、デザインも機能も本格的なアロマディフューザーですよ。

本格業務用を手軽に購入

本格的なアロマディフューザーは設置やメンテナンスを業者を挟んで行うものが多いのですが、パーソナルディフューザーはインターネット上で手軽に購入することができます。
ある程度アロマなどの知識があったり、調べて対応できるという方にとっては、業者を挟むよりもコストが抑えられるかもしれませんね。

最大3ヶ月の手間いらず

パーソナルディフューザーにはアットアロマの専用エッセンシャルオイルをセットするのですが、それが250mlか450mlで選べます。
450mlにすれば最大3カ月くらいエッセンシャルオイルが持つので、業者を挟まなくても、殆ど手間いらずで香りを楽しめますよ(^^)

デメリット:
お値段も本格的

そんな本格派のパーソナルディフューザーですが、お値段も本格的です(^^;
他で紹介している業務用とは一桁違って、30万円台・・・
長い期間で見ればレンタルよりも安く済みますが、初期費用に難ありですね。
それでもOKな場合はパーソナルディフューザーを選びましょう!

パーソナルディフューザー詳細

 

70〜150㎡の業務用アロマディフューザーおすすめランキング 1位

アロマシーンプラス

最安値!150㎡までの広範囲に香らせたいなら一番おすすめ!

オフタイマー 時間指定で細かく設定
拡散範囲 約〜150㎡
アロマタンク容量 150ml
サイズ 145mm ✕ 145mm
高さ 150mm
参考価格 ¥74,520

※参考価格は変わっている可能性があります。

長時間タイマー お手入れ オイル補充頻度 ランニングコスト 拡散範囲

アロマシーンプラスおすすめポイント

70〜150㎡対応の業務用アロマディフューザーおすすめ第1位は「アロマシーンプラス」です。
アロマシーンプラスは業務用に必要な項目を満たしながらも、低コストを実現している、拡散範囲150㎡まででは一番おすすめのアロマディフューザーですよ(^^)

曜日や時間を細かく設定

アロマシーンプラスはお店やオフィスなどの営業時間に合わせて、曜日や時間を細かく設定することができます。
例えばこのような感じで細かく設定可能です。

平日営業のオフィスの場合

・月曜日から金曜日
8:00~10:00 hiモード
10:00~18:00 midモード
・土曜日と日曜日
電源オフ

営業時間の違う美容室の場合

・火曜日から金曜日
11:00~13:00 hiモード
13:00~20:00 midモード
・土曜日と日曜日
10:00~19:00 hiモード
・月曜日
電源オフ

極小ミストでランニングコスト削減

アロマシーンプラスは、空気の圧力でエッセンシャルオイルをサブミクロン(0.1~0.5μm)のミストにして拡散させます。
そのため対流によって香りが拡散しやすく、部屋の隅々まで香りが行き届くんです。

またサブミクロンサイズのミストのおかげで、エッセンシャルオイルの消費量も少なく、1日10時間midモードで使用しても1カ月近く持つみたいですよ。

4,000円くらいのエッセンシャルオイルを使っても、計算すると1日100円未満くらいなので、毎日使っても経済的ですね(^^)

この性能では最安値!

そして極めつけにアロマシーンプラスは本体価格もリーズナブルなのが嬉しいトコロ。
業務用でこれだけの性能なのに、参考価格75,000円弱!
拡散範囲150㎡までの業務用アロマディフューザーを探していたら、アロマシーンプラスが一番おすすめですよ(^^)

アロマシーンプラス詳細を見る

ホワイトはこちら〈少しリーズナブル〉

70〜150㎡の業務用アロマディフューザー 番外編

アロミックエアー

最後に番外編として、~70㎡(40畳)の一番おすすめの業務用アロマディフューザー「アロミックエアー」をご紹介します。

全く手間がかからない!


アロミックエアーは専用のオイルをセットして使いますが、専用オイルは100mlと大容量なので、補充は3週間〜1ヶ月に1回くらいで済みます!
また、水を使わないためお手入れも殆ど必要ありません!

18種類の香りが選べます

アロミック エアーはこんな感じで18種類の香りの中からアロマが選べます。

これだけあれば、店舗やオフィスにピッタリなアロマが見つかりますね(^^)

そして、さらにスゴイのは・・・
1本無料でアロマオイルをプレゼントしてくれるトコロ!

1本、大体1ヶ月くらい使えるので、これは嬉しい特典ですね(^^)

しかも、
7日間の返金保障が付いて、送料も無料!

40畳以下の場所で業務用のアロマディフューザーを検討しているのなら、
絶対アロミック エアーにするべきです!!

アロミックエアー公式サイト

 

 

200〜300㎡対応

ここからは200~300㎡に対応した本格的な業務用アロマディフューザーをご紹介します。
このタイプは設置やメンテナンスが必要なものになるので、詳細は直接販売代理店にお問い合わせください。

広範囲の業務用はレンタルも検討

対応範囲が広い業務用アロマディフューザーは、値段が高くなります。
もし初期費用に問題がある場合は、月に数万円を支払う「レンタル」なども検討に入れましょう。
業務用のレンタルはこちら

200〜300㎡おすすめ業務用アロマディフューザー その1

Air/Q 570

Air/Q 570おすすめポイント

200〜300㎡おすすめ業務用アロマディフューザー、1つ目は「Air/Q 570」です。
Air/Qシリーズは個室用などの小さいタイプもありますが、Q570は~240㎡の広範囲に香りを拡散できる、本格的な業務用アロマディフューザーですよ。

特許消臭剤で悪臭対策にも

Air/Q 570はアロマで香りを付けるだけでなく、悪臭などを感じにくくする特許消臭剤の機能もあります。
香りと消臭のダブル効果で、例えばレストランやフィットネスクラブなど、臭いの気になる事業でお悩みの方にもおすすめの業務用アロマディフューザーなんです。

香り選びからメンテまで頼れる

Air/Q 570は業務用アロマディフューザーの提供だけでなく、香りの選定~設置~メンテナンスまで全てを相談しながら任せることができます。
例えば香りの選定については、ヒアリングの中から、御社のイメージや要望にあった香りを70種類の中から選んでくれるみたい。
機器だけでなく香りによる空間のプロデュースまでお任せしたいのなら、Air/Q 570がおすすめですよ(^^)

Air/Qのサイトを見る

200〜300㎡おすすめ業務用アロマディフューザー その2

アロセント

アロセントおすすめポイント

200〜300㎡おすすめ業務用アロマディフューザー、2つ目は「アロセント」です。
アロセントは~150㎡のところでご紹介したアロマックスと同じく、AirAromaの業務用アロマディフューザーで、洗練されたデザインが特徴ですよ。

最大300㎡に対応

アロセントはAir/Q 570よりも拡散範囲が広く、最大300㎡まで対応しています。
ただしその分機器が大きくなってしまい、8.3kgもあるので、持ち運んで色々な場所にレイアウト変更したい場合には少し不便かもしれませんね。

6カラーから選べる業務用

シルバーカラーがベースになっているアロセントのデザインですが、一部パーツのカラーをシルバー、ブラック、ブルー、パープル、オレンジ、レッドの6カラーから選べます。
全てのカラーのベースはシルバーなので、どんな場所にも合いやすいですが、店舗などのイメージにピッタリなカラーがあれば、自身で選べるのは嬉しいですね(^^)

アロセントのページを見る

 

 

1000㎡〜の空調ダクトタイプ

ここからは、更に広範囲(1000㎡〜)にアロマの香りを拡散させる業務用アロマディフューザーをご紹介します。
1000㎡〜となると通常では拡散が難しい範囲なので、エアコンのダクトを利用して拡散させる方式になります。
設置なども大掛かりになるので、詳しくは販売業者などに問い合わせしましょう。

空調ダクト(1000㎡〜)の業務用アロマディフューザー その1

Air/Q 1200

Air/Q 1200おすすめポイント

まずご紹介する空調ダクト(1000㎡〜)の業務用アロマディフューザーは「Air/Q 1200」です。
先にご紹介したAir/Q 570と同じシリーズで、空調ダクトを使った更に広範囲に香りを拡散できる業務用アロマディフューザーですよ。

香りをトータルプロデュース

Air/Q 570と同じく、香りの選定からメンテンナンスまで、トータルでプロデュースしてくれるメーカーで、まずはヒアリングから開始されるので、安心して香りのある空間づくりをお任せできますよ(^^)

Air/Qのサイトを見る

空調ダクト(1000㎡〜)の業務用アロマディフューザー その2

セントストリーム

セントストリームおすすめポイント

次にご紹介する空調ダクト(1000㎡〜)の業務用アロマディフューザーは「セントストリーム」です。
セントストリームは世界トップシェアの香り専門企業のもので、とても信頼のおける業務用アロマディフューザーですよ。

世界トップシェアの香り専門企業

セントストリームのメーカー「セントエアー」は香りで企業のイメージアップや購買意欲の向上などを支援する、世界トップシェアの香り専門企業です。
中でもカジノでの実績は高く、香りを導入しているカジノの86%はセントエアーが関わっているみたい。
そんなメーカーなので、機器だけでなく香りの提案も綿密に行ってくれそうですね(^^)

セントストリーム詳細ページ

 

 

業務用のレンタル

最後は業務用アロマディフューザーのレンタルを行っている機器や代理店をご紹介しますね。
広範囲のアロマディフューザーは初期費用が高いので、レンタルの価格と比べて見積もりを取るのも良さそうですね(^^)
対応範囲の狭いものから順番にご紹介していきます。

レンタルの業務用アロマディフューザーその1(対応範囲 約〜180㎡)

セントウェーブ

まずご紹介するレンタルの業務用アロマディフューザーは「セントウェーブ」です。

中規模店舗向けの拡散範囲

セントウェーブはレンタルの中では狭い範囲に対応した業務用アロマディフューザーで、アロマディフューザーを設置したいけど香りの選び方が分からなかったり、メンテナンスが面倒という中規模店舗の方には特におすすめです。

月額15,000円でお任せ

そしてセントウェーブはメンテナンスまで含めて月額15,000円(HP表記)です。
初期費用に30,000円はかかるみたいですが、この費用で運用していけるのであれば、初期費用の少ない線とウェーブはおすすめですね。

セントウェーブ取扱HPを見る

レンタルの業務用アロマディフューザーその2(対応範囲 約〜500㎡)

エアーデザインフロー

次にご紹介するレンタルの業務用アロマディフューザーは「エアーデザインフロー」です。
エアーデザインフローの企業「コモンズ」の製品は、有名企業でも多く導入されていて、三井不動産、リゾートトラスト、レクサス、トヨタ、その他病院など、様々な実績を持っている企業ですよ。

有名企業への実績があるだけでも、信頼のおける業務用アロマディフューザーと言えるでしょう。

静音性が高く繊細な場所におすすめ

実績の理由は様々ですが、一つは優れた静粛性ではないでしょうか。
エッセンシャルオイルの噴霧音がとても小さく、静かな待合室などの繊細な場所にもおすすめです。

エアーデザインフロー詳細を見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ