ラサーナアロマディフューザーのオイル(精油)は専用のモノじゃなきゃダメ??

img_lasana_oil_01

アロマディフューザーに使用するエッセンシャルオイルって結構値段が高いですよね^^;

ラサーナはアロマディフューザー以外にエッセンシャルオイルも取り扱っているので、初回購入時にエッセンシャルオイルが付属する場合があります。
でも初回購入時は3mlのアロマしか付属されないので、結構すぐに無くなっちゃうんですよね^^;

そして、無くなった後にラサーナのエッセンシャルオイルを購入しようとすると、5mlで大体1600円くらい・・・
3mlですぐ無くなっちゃうのなら、5mlで1600円は結構な出費ですよね。

他のお店で見かけた安いアロマオイルじゃダメなの!?って思っちゃいますよね。

アロマオイルには種類がある

アロマオイルと言われている商品には2種類あって、天然のものか、天然のものじゃないかに分かれます。

天然のアロマオイル

img_aromavera_morning_02

天然のものは、エッセンシャルオイル(精油)と言われています。
エッセンシャルオイルは水蒸気蒸留という方法を使って、実際の植物などから採取しています。
植物などを大量に集めても、数滴しか採れないものも多いので、値段も跳ね上がってしまうんですね^^;

そして、もちろん採取する植物などによっても値段が変わってきます。

天然ではないアロマオイル

逆に天然でないものは、植物などから抽出するのではなく、人工的に香りづけされて作られています。
例えば、100均などにもアロマオイルというものが取り扱われていますが、あれは天然のものではないので、安く販売できるというワケですね。

こちらはアロマオイルとは呼ばれますが、エッセンシャルオイルとは全く別物です。
ですから、天然のものを選ぶ際は「エッセンシャルオイル」もしくは「精油」と書かれているものを選びましょう。
それ以外は全て天然ではないアロマオイルです。

エッセンシャルオイルならラサーナ以外でもOK

上で紹介したエッセンシャルオイルであれば、ラサーナ以外のオイルを使っていただいてもOKです。
値段が高いものはオイルの質が良いものが多いですが、初心者には分かりづらいので、安いもので大丈夫ですよ。

もし天然じゃないものを使うと?

もしエッセンシャルオイル以外のアロマオイルを使ってしまうと、アロマディフューザーの故障の原因となります。
また、人工のものなのでミストを口から吸い込んでしまうと、身体への影響も心配です。
必ず天然の「エッセンシャルオイル」を使用しましょう。

ラサーナ以外でおすすめのエッセンシャルオイルは?

ラサーナのエッセンシャルオイルが高いので他のものを使いたい!という場合は、無印良品のエッセンシャルオイルが安価でおすすめです!

img_lasana_oil_02

安い種類のエッセンシャルオイルであれば、10mlで1,000円くらいで購入することができます。
品質も問題ないので、価格を抑えたい!という人には、とてもおすすめですよ(^^)

でも、無印良品のエッセンシャルオイルは種類が少ないので、使っているうちに物足りなくなってしまうかも・・・
もし慣れてきて、色々なアロマをブレンドして楽しみたい!という場合は、他のメーカーも検討したほうがいいです。

それまでは、一旦無印良品のエッセンシャルオイルを使って楽しみましょう(^^)

初回はお試しセットがおすすめ

ラサーナアロマディフューザーは、初回で無料のエッセンシャルオイルがついていますが、3mlなので、すぐに無くなってしまうと思います。
無くなった後は無印良品などの安価なエッセンシャルオイルを購入すればOKなのですが、極力初回のエッセンシャルオイルを長持ちさせるために、ラサーナアロマディフューザーのお試しセットがおすすめです!

img_lasana_12

お試しセットだと初回から・ゼラニウム(3ml)・スイートオレンジ(3ml)・ラベンダー(3ml)・イランイラン(2ml)とラサーナのオリジナルブレンド(ハピネスとエナジー)(3ml)の合計6つのエッセンシャルオイルが付いてくるので、色々なエッセンシャルオイルをブレンドして楽しむのにおすすめですよ!
それで、気に入ったエッセンシャルオイルを見つけたら、無印良品などで買い足せばいいですしね(^^)

ちなみに、まだ購入していない人は、こちらにラサーナアロマディフューザーのレビューしているので、参考にしてみてくださいね!
ラサーナアロマディフューザー使ってみた(口コミ)

この記事もおすすめです(^^)


【おしゃれ女子必見!】
今年のおすすめアロマディフューザー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ