アロマディフューザーは部屋の広さで使い分けましょう

あなたはアロマディフューザーを選ぶときにどんなところをみて選びますか? もし、見た目や値段だけをみて購入しようと考えている方は、ちょっと考えなおしてみましょう。
アロマディフューザーは可愛い物も沢山存在しますが、決して単なるインテリアではありません。
もちろん、見た目もすごく重要なポイントですけど、それ以外にもいくつかチェックポイントがあるんです。
今回はその中のひとつ、どのくらいの部屋の広さで使用するか?という点からみていきましょう(^^)

6〜8畳の一般的な広さで使用する場合

まず、アロマディフューザー(超音波アロマディフューザー)の拡散能力についてです。
一般的によく見かけるものだと、6〜8畳の広さに対応したものが多いですね。
6〜8畳の広さで使用するのなら、無印アロマディフューザー、ラサーナアロマディフューザー、アロマランプディフューザーなどがおすすめです。

それよりも狭い空間で使用する場合

例えばトイレなど、狭い空間で使用するときはどうでしょうか?
大は小を兼ねるという感じで、6〜8畳の一般的なものを使用してもいいですが、
あまりに密閉された空間だとアロマのニオイで鼻がおかしくなってしまうかもしれません^^;
狭い空間には無理に超音波アロマディフューザーを使わずに、
リードディフューザーやアロマストーンなどで済ませるのもいいかもしれません。
水を使わない(蒸気がでない)タイプですが、こんなのもおすすめですよ。
センサーアロマ ECOFEEL(エコフィール)
アロマで有名なお店「生活の木」さんのアロマディフューザーです。
このディフューザーはセンサー機能がついていて、人が通るたびに起動して香りを拡散させるという機能がついています。
トイレなどだと、ずっと付けっぱなしももったいないので、トイレのドアを開けた時だけ香りを放ち、いい香りが楽しめるってのも一つの選択肢ですね(^^)

10畳以上の広い部屋で使用する場合

10畳以上のお部屋で使用する場合は、ちょっと探すのが大変になりますね^^;
よく知られているのは無印の超音波うるおいアロマディフューザーではないでしょうか。
無印の店頭でも並んでいて、すごい勢いで蒸気を放っているのが印象的です。
あとは、Mirage moi(ミラージュモイ)というディフューザーもいい感じですよ。
こちらはアロマの拡散力が弱と強で選べて、強だと15畳まで対応しているみたいです。
無印の超音波アロマディフューザーと見た目が似ている気がしますが… 丸いラウンド型でなく四角がいい方はこっちですね(笑
あとはアロマックスというディフューザーもおすすめですが、本格的なものなので、値段も高くオイル消費量も少し多めです。こちらは初心者の方にはちょっと扱いが難しいかもしれませんね^^;

オフィスなどのかなり広い空間で使用する場合

それより広い場所、例えばフラットな広いお部屋や、会社のオフィスなどで全体を香らせたい場合は、業務用のアロマディフューザーを導入するという選択肢もありかもしれません。
おすすめなのはアロミック・プロ、professional diffuserの2つです。
歯科医やホテルなど、いろいろなところで導入されていて、拡散力やお手入れがあまり必要ないところがいいですね(^^)
あ、でも個人で購入するにはお値段ビックリするくらいの価格ですよ(;゚ロ゚)
個人の場合だとアロマディフューザーを複数台購入して設置するという方法もおすすめです。
両方のお手入れをしなきゃいけないので、ちょっと手間はかかってしまいますが、リーズナブルにお部屋全体を香らすことができますよ(^^)
参考にしてみてくださいね♪

その他のアロマディフューザーはこちらで紹介しています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【アロマディフューザー】おすすめランキング第1位はコレ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ