知らないと危険!?アロマオイルとエッセンシャルオイルの違い

含まれる成分が大きな違い

アロマテラピーのことを調べると必ず出てくるのはエッセンシャルオイルという名前、よく耳にするのはアロマオイルという名前かもしれませんが、いったい違いは何なのでしょう?

香りを嗅いで楽しむという意味では両方共同じなのですが、大きな違いは含まれる成分です。

img_oil_tigai_01

エッセンシャルオイルとは、植物の花や葉っぱ、樹脂など100%天然の自然素材から抽出されたものだけをいいます。

逆にアロマオイルはエッセンシャルオイルから人工のポプリオイル(合成香料を含む芳香用オイル)までかなり広い意味を持つ名前です。

この他にも人工香料が混ざっていたり、アルコールなどで薄めたものもアロマオイルと呼ばれ、広い意味で使われます。エッセンシャルオイルとはまったくの別物なんです。

肌荒れの原因になりかねない!?

では100%天然の自然素材から抽出されたエッセンシャルオイルは何がいいんでしょう?

香りを嗅いで楽しむのはアロマオイルもエッセンシャルオイルも同じですが、アロマオイルはそれ以外の使い方はおすすめしません。

img_aroma_bath_01

例えば肌に塗ってマッサージをしたり、お風呂に垂らしたりという使い方もエッセンシャルオイルならばOKなのですが、アロマオイルでは製品によっては肌荒れなどの原因になりかねません。

どうやって見分ければいい?

成分の表記を見る

アロマオイルもエッセンシャルオイルも見た目では分かりづらいですよね… 見分ける方法はとってもカンタン。

「精油(エッセンシャルオイル)という表記があるかどうか」だけです。

img_oil_tigai_02

精油(エッセンシャルオイル)という表記は100%天然の自然素材から抽出されたものにしか使用できません。

ですからその表記があれば必然的にエッセンシャルオイル、なければアロマオイルということになります。
その他にも製品名に精油と入っているだけのケースもあります。
購入の際は製品情報の商品名の部分を是非確認してみてくださいね(^^)

ちなみに100均のアロマオイルは、100%、精油ではありません。
注意しましょう。

初心者におすすめなアロマオイル

この記事もおすすめです(^^)


【おしゃれ女子必見!】
今年のおすすめアロマディフューザー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ