香りが強いアロマディフューザー「アロミックエアー」のお手入れ方法

アロミックエアーは水を使わないので、殆どお手入れの必要がないアロマディフューザーです。
そのため、お手入れが面倒という人や、お店などに置く「業務用」として使うのにも、とても適しています。

ただし、全くお手入れをしなくていいというワケではありません。
例えばこんな時はお手入れをする必要があります。

・別の香りに変えるとき
・香りが弱くなってきたとき
・ずっと使っていなかったとき

でも、いざお手入れが必要になった時も、とても簡単にお手入れできるのがアロミックエアーのいいトコロなんです!
今回は、そんなアロミックエアーのお手入れ方法やお手入れしなかったときの弊害などをお伝えしていきますね(^^)

アロミックのお手入れ方法

それではさっそく、アロミックエアーのお手入れ方法を「別の香りに変えるとき」、「香りが弱くなってきたとき」、「ずっと使っていなかったとき」の3つに分けて見ていきましょう。

別の香りに変えるとき

一番お手入れに手間がかかるのは、別の香りに変えるときです。

以下の2ステップが必要になります。

1.オイルを入れるビンを中性洗剤などで洗う
2.オイルパッドを交換

お気に入りのエッセンシャルオイルがあって、ずっと変えない時は良いのですが、ちょこちょこ香りを変えたい!という人は、ちょっと大変になるかも(^^;

香りが弱くなってきたとき

香りが弱くなってきたときは、オイルパッドに原因があるケースがあります。
その際もお手入れとして、オイルパッドを交換しましょう。

ずっと使っていなかったとき

1か月以上ずっと使っていなかったときは、オイルパッドにしみこんだオイルが固まってしまっている可能性があります。
この時もお手入れとしてオイルパッドを交換しましょう。
長期間放置した時は、オイルパッドを触ってみて、カチカチに固まっていると感じたら、交換するようにしましょう。

お手入れしないとどうなる?

オイルを入れるビンを洗わないと・・・

オイルのビンを洗わないと、前回使っていたエッセンシャルオイルと、新しいエッセンシャルオイルの香りが混ざってしまい、思っている香りが楽しめない可能性があります。
香りを変える時は、必ずビンを洗いましょう。

オイルパッドを交換しないと・・・

オイルパッドはエッセンシャルオイルを吸った状態で放置していると、段々と固まってしまいます。
そうするとオイルを吸わなくなり、香りが弱くなってしまいます。

アロミックエアーのせっかくの香りの強さを無駄にしないために、オイルパッドが硬くなったときは交換するようにしましょう。

また、新しいオイルに変えるときに交換しないと、ビンを変えないのと同じで、香りが混ざってしまいます。

オイルパッドを変えたい時は?

オイルパッドはアロミックエアーの公式ホームページで、3枚で300円程度で販売されています。
交換用オイルパッドはこちら

送料はかかってしまいますが、メール便を選択すれば100円程度の安価で配達してくれるので便利ですよ(^^)

また、オイルパッドは3枚入りなので、1度購入しておけば結構持ちますが、心配な人はまとめ買いしておきましょう。

ちなみに50mlと100mlタイプがありますが、デフォルトは100mlなので、そちらを選んでくださいね(^^)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ