アロミックエアーの音はどのくらい?どんな音がするの?

これからアロミックエアーを導入したいと考えている方へ、今回はアロミックエアーの作動時の音についてお伝えしていきます。

アロミックエアーの音は比較的静かな方で、普段使っている分には生活音に紛れて、ほとんど音は気にならないでしょう。
ただし就寝時などの静かな部屋の中であれば、音に慣れるまでは気になる人もいるかもしれませんね^^;

具体的にどんな音がするの?

アロミックエアー作動時の音は、アロマの香りを遠くにばらまくためのファンが関係しています。

アロミックエアーは毛細管現象をイメージしたような、エッセンシャルオイルを吸い上げる方式を採用しています。
そのため、他のアロマディフューザーにありがちな、オイルを吸い上げるような音はしませんが、それをばら撒くためのファンの音はどうしても発生してしまうんです。

これは遠くに香りを運ぶために、どうしても出てしまう音ですよね。

ファンの音なので、具体的には小さめの卓上扇風機が回っているような音といえば、イメージが付きやすいでしょうか?

卓上扇風機の音でも気になる!という人は、検討したほうが良いかも^^;

その他のアロマディフューザーと比較

ただし、最初にもお伝えしたようにアロミックエアーの音は、比較的静かな方です。
つまりある程度の範囲にアロマの香りを届けようとすると、どんなディフューザーを選んでも何らかの音はしてしまいます^^;

例えば、水を使ったタイプ、モーターでオイルを噴出するタイプの音と比較してみましょう。

水を使う超音波式アロマディフューザーの音

水を入れたタンクにエッセンシャルオイルを垂らして使用するタイプです。
このタイプは超音波振動でエッセンシャルオイルと水を振動させながら、細かいミストを発生するので、振動する際に「コポコポ」と水が沸騰する時や、雨が水たまりに落ちているような音がします。

慣れれば静かですが、アロミックエアーの音よりは気になるかなという感じ。

もしこのタイプのアロマディフューザーの音を聞いたことがある人は、比較してみましょう。

モーターでオイルを噴出するアロマディフューザーの音

モーターを使ってオイルを噴出するタイプは、稼働中にキュンキュンとモーターが駆動している音がします。
このタイプはあまり見かけないので比較しようがないかもしれませんが、モーター音は結構気になるので、それに比べればアロミックエアーのファンの音は静かに感じるでしょう。

音が気になる時は静音モードがおすすめ

最初にお伝えしたように、アロミックエアーのファンの音は普段使っている時はそこまで気になりません。

ただし就寝時などは気になる場合があります・・・

そんな時のために、アロミックエアーには「静音モード」というものがついています。
スイッチを切り替えるとファンの速度が落ちるので、少しだけ音が静かになりますよ(^^)

静音モードだと香りの拡散範囲が減っちゃうのかもしれませんが、就寝時などはそれでもOKですよね。

それでも音が気になる時は・・・

もし実際に使ってみて、静音モードでも音が気になる!という人は以下も試してみましょう。

音が気になる時は距離を離す

就寝時などにアロミックエアーの音が気になる時は、思い切って距離を離しておいてみましょう。
アロミックエアーは広範囲まで香るので、例えば隣の部屋に置いても香りが漂ってくるはずです。
(扉は開けっ放しになりますが^^;)

そこまでしなくても、部屋の端に移動させるだけでも、音が軽減されると思います。

音が気になる時は電源OFF

それでも気になる時は、もう電源をOFFにしてしまいましょう。

例えば就寝前に強で運転させて、部屋中にアロマの香りを充満させた状態で、電源OFFにしてしまえば、残っている香りに包まれて、いつの間にか眠りについているかもしれませんね(^^)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ